外資系の会社への転職を成功させる4つのポイント


語学力はTOEIC700点を目安に

外資系の会社ではTOEIC700点を応募のラインにしているところが多いです。入社してから実用的な英語を学ぶことになるので、まずはTOEIC700点を目安に英語力を磨いていくのがいいでしょう。

転職エージェントは複数登録しよう

外資系の会社に転職したいのであれば、転職エージェントを利用するのが有効です。転職エージェントを利用するポイントは複数のエージェントに登録することです。転職エージェントを利用する転職は、担当者との良し悪しでうまくいくかどうか分かれるので、リスクヘッジのためにも複数のエージェントに登録するのがいいでしょう。

転職は可能性を広げる手段であると考えよう

日本企業で働いていると、何回も転職することはネガティブなこととして受け取られがちですが、外資系企業の場合は転職をキャリアアップの手段として考えることが多いです。したがって、外資系の会社で働くことになったら転職に気後れすることなく積極的に考えていきましょう。外資系の会社で年収アップしたいなら、一箇所にとどまっていないで貪欲にキャリアアップすることが大切なのです。

転職後は自己ブランディングを考えよう

外資系の会社に転職することができたら、それをゴールだと思わずにこれからのキャリアのスタート地点に立ったと考えることが大切です。外資系の会社は転職によるキャリアアップが主流なので、自分の進む道は自分で考えましょう。外資系の会社に転職したらそのポジションでのキャリアを徹底的に磨き上げ、自分をブランディングすることが大切です。自分の市場価値が上がれば次の転職でさらに高い収入を得ることができます。

ウェブ上には外資系の転職先が幅広く紹介されており、IT業界や製薬会社などの様々な業界の求人情報があります。