イメージと違ってびっくり!外資系企業に入って驚いたこと3選


ちょっと変わった福利厚生

外資系、と聞くと給料は日系企業よりも高そうだけど退職金制度がなかったり家賃補助制度がない会社が多かったりと福利厚生はイマイチなのでは?と思われる方が多いようです。実際、日系企業にある一般的な福利厚生はない場合が多いようですがその会社独自の福利厚生を従業員に提供している企業もあります。特に外資IT系の企業ではランチの無料支給やオフィスに常備してあるスナックや飲み物が飲み放題という企業があったり、日系企業よりも長期休暇が取りやすいように制度が整っている企業も多いようです。

英語ができない人も多い

英語が必須のイメージが強い外資系企業。実際、学生のときに留学していたり帰国子女の社員が多いのは事実ですが、営業のように日本のお客様を相手にする仕事がメインの職種では英語ができない人が大半の部署もあります。ただし、マネージャーになると必然的に上司が本国にいる外国人となる場合もあるため、マネジメントに進む意欲がある場合は英語力をのばすよう励む必要があるでしょう。

立候補制?!驚きの人事制度

外資系企業では、他部署に異動となるケースはほとんどありません。入社した時点で職務内容が定まっており、いわゆる「総合職」というポジションがない場合がほとんどです。他部署が気になる場合は自分から異動希望を出します。世界各地に拠点があるような企業の場合は、他国のポジションも社内公募で募集しているケースが多く受け入れ先のマネージャーと面談の上、合格すれば最終的に異動が決定します。異動の意思を表示しない限り動くことがないため、より能動的に今後のキャリアを考えて異動希望や転職をする社員が日系企業よりも多い傾向にあります。

経理 転職を考えている場合に重要となるのは、実務経験です。資格を持っている必要はなく、経理として仕事をした経験があるかどうかがポイントとなります。