薬剤師で調剤薬局に転職を考えている方必見!転職を成功させるコツとは!


実際の職場の雰囲気を確かめよう!

ドラッグストアや病院などから、調剤薬局への転職を考えている薬剤師の方も少なくないのではないでしょうか。調剤薬局への転職にはいくつかのコツがあり、それを押さえておくことが転職成功への秘訣です。まず、転職してから後悔しないよう、実際の現場を見学させてもらいましょう。転職サイトや情報誌などでは分からない実際の雰囲気を知ることで、職場の雰囲気などの生きた情報を手に入れ、転職活動の参考にするという事は非常に重要です。実際、職場見学などを行わず、入った後に思った職場環境と違い、そのギャップにより辞めてしまうという人も少なくないようです。

まずは非正規から始めるという手もあります!

最初から正社員として契約せず、パートやアルバイトなどの非正規契約から始めるという事も、長い目で見れば転職を成功させるためになることがあります。先ほども少し触れましたが、ネットや1日の職場見学では分からない現場のリアルな現状を知ってしまった時に、正社員契約ですぐに辞めてしまうという事は、次の転職の際にも不利になりかねません。まずは非正規で仕事を始め、違うと感じたらすぐに辞めることが出来る環境にしておくことも転職を成功させるコツの1つです。

希望の年収が得られるかどうかもチェックしよう!

調剤薬局への転職で後悔したという人の声の中には、年収面の後悔を口にする人も少なくありません。調剤薬局は安定して長く働けるという魅力がありますが、その反面年収的には低い傾向にあります。年収面で後悔したくない場合には、管理薬剤師などの役職を経験してから転職をするなど、年収を上げるための努力が必要になる場合もあります。

たとえ定年退職後でも資格を活かして働くなら、薬剤師のシニア求人を探しましょう。条件の良い求人が多数あります。